カテゴリー別アーカイブ: 古い真空管式モデル

最近の買取実績/軍用無線機、コリンズ、アイコム、八重洲etc。

10月になりましたが、毎日毎日が雨模様、おまけに台風も接近中です。気温の差も激しく、風邪を引かれている方も多いと伺っております。どうぞ皆様ご自愛下さいませ。
さて毎月恒例となりました、最近お譲り頂きました無線機関係のご紹介です。

軍用無線機

軍用無線機のご紹介は久々ですね。カーゴ一杯にお譲り頂きました。PRC-6、PRC-10、BC-611ほか、フィリピン軍、中国人民解放軍、韓国軍の軍用無線機もございました。ご依頼者様は、米国デイトンのハムフェアに何度も足を運ばれ、コレクションされたとのことです。


真空管チェッカー TV-7D/U。テストデータ付。作動品です。


コリンズの75S-3C。ラウンドマーク、オプションフィルタ4個入り。ACコードはハムズオフィス様特製を付属させて頂きました。

51S-1
同じくCOLLINSの51S-1。ウィングマーク。ターレット等も弊店で清掃してあります。
両者とも整備させて頂きました。

真空管

Eimac(アイマック)の真空管も買取大歓迎です!(写真は 「8877/3CX1500A7」)


いきなり年代が変わりまして、八重洲のFT-817NDです。まだまだ大人気のリグです。


八重洲のFT-1000MP MARK-V 出力200W。こちらも高値で買取させて頂きました。


BIRD社のワットメータ モデル43P。バード社はもちろん、クラニシ、第一電波、コメット、ダイワ、MFJ・・・などなど、様々なメーカーの周辺機器、アクセサリもご相談下さい。


最後はアイコムのIC-726S、IC-375、IC-1275のラインナップです。お客様曰く、操作系統が同一で、マイクも共通に使えるということでお揃いになられたそうです。IC-1275の1200MHzは今でもファンの多い機種ですね。

---
高山無線では各種無線機、受信機を高価買取させて頂いております。事前の明確なお見積がモットーです。詳しくは高山無線のWEBサイトを是非ご覧ください。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)でもお気軽にご相談下さい。お待ちしております。

アイコム IC-7000やFTM-400DHなど各種アマチュア無線機も高価買取中です!

もうすく9月も中旬になりますが、相変わらず雨ですね。ほとんど毎日降っているのではないでしょうか・・・。このままお彼岸に突入して、気がつけば10月という感じです。
ところでハムフェアは皆様は行かれましたか?小職は風邪を引いてしまいまして、残念ながら涙をのんで待機しておりました。9月にスライドした影響が心配しましたが、人も多く入っていたようで、とりあえず一安心です。
それでは9月の買取品を無線機を中心にご紹介など・・・(いずれも完売御礼です。有難うございます。)


とりあえず倉庫にストック中です。上はFT-920とJST-145S、中段は9R-59+TX-88やMFJの室内アンテナや人工アース等の周辺機器、下段はFT-736MX、TS-790S(いずれも1200MHz入)等となります。


アイコム IC-7000M。弊店は、古いリグは勿論、最近のリグも高く買わせて頂いております!


ヤエスのFTM-400DH。144/430MHzのモービル機です。人気ですね。

こちらは、お懐かしい、ヤエスのFT-2312。1200MHz専用モービル機です。貴重な元箱付。


一気に年代が古くなりました(^^; トリオのJR-599。元箱と専用スピーカー付です。

-----
高山無線では最近のアマチュア無線機から、昔の無線機まで、幅広く高価買取しております。
無線機以外でも、周辺機器やアクセサリもOKです。
事前のお見積もさせて頂いております。詳しくは高山無線の無線機買取のWEBサイトを是非ご覧ください。フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)やLINEでもお受けしております。
お気軽にご相談下さい。

中古無線機販売・買取/ドレーク4Cラインが整いました。


写真がピンボケでごめんなさい!
DRAKEの4Cラインの整備が終わりましたので、取り急ぎ1枚。
・R-4C
・T-4XC
・MS-4
・7075(マイク)
こちらは世和興業取り扱い品となります(保証書1枚あり)。
日本語取説はコピー(TX、RXとも)、英文マニュアル(TXのみ)が付属します。
トランシーブ用ケーブル付属。
R-4Cには、500HzのCWフィルタとノイズブランカーがオプションとなります。
クリスタルはオプション無し。

ヤフーオークションは11月29日までの出品となります。是非どうぞ!
成約いたしました。有難うございました。

――――――――――
無線機・受信機・ラジオの買取は高山無線へ
フリーダイヤル(0120-776-224)または高山無線のWEBサイトへお気軽にご相談下さい。

軍用受信機R-390Aなど30台以上をお売り頂きました。

RIMG0159s
RIMG0162s
(ご依頼者様の撮影許可を頂いて掲載しております)

個人のコレクター様より整理のご依頼を頂きまして、お受けさせて頂きました。
トリオのTX-88A、スターのSR-500、八重洲のFTDX400など、昔の機種が並びます。
1枚目の写真はR-390Aは20台程ございました。受信はNG、「通電のみ」と「不動」が半々位でしょうか。部品欠損も多々ございます。
まずは弊店で掃除など手直しをしながら、よく確認したいと思います。
お譲り頂きまして、有難うございました。
---
無線機・受信機の買取のご相談は高山無線までお気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)または高山無線のサイトより
お願い致します。

10月も有難うございました(コリンズKWM-2Aなど)

cohontai
10月、11月の前半とリピーター様からのご依頼が多い時期でございました。
2年前、3年前に一度だけご訪問したお客様宅でも、再びお伺いさせて頂きますと、ご自宅の雰囲気やシャックの様子などを案外覚えているものですね。
「3年前とアンテナが変わってね・・・」など、その後の近況のお話を伺うことも楽しい一時です。無線機の買い替え用の資金作りの方も多く、現役を続けられて、小職も嬉しい限りです。
波は出さずにワッチだけですよ・・・なんておっしゃる方も多いのですが、マイペースで一生の趣味となるのがハムの良い所ですから、ご自身のペースで続けるのが一番ですね。小職も中断しておりました時期もありましたので、それでもこうして現役でおりますから、幸せな趣味の世界に触れることが出来て良かったな・・・と思います。

写真のコリンズKWM-2Aは、埼玉県羽生市の弊店まで、わざわざお持ち頂いた逸品です。丁度、弊店でRCA-M型変換コネクタが欠品してしまい、急遽、お客様持参のコネクタをお借り致しました。有難うございました。
ご自身での動作確認をご所望のため、作業場所までお入り頂いたのですが、弊店の長机に置いた検品待ちの懐かしい無線機をご覧になって、「ハムフェアの出店ブースみたいですね」と仰っしゃり、しばらく眺めて頂きました。弊店も懐かしい物を取り扱っておりますので、言われてみれば確かにハムフェアのいちコーナーの様です。
無線機は難しいのですが、CQハムラジオ誌は創刊号から出来るだけ集めることに致しましたので、機会があれば、ご来訪頂いたお客様にはお手にとって戴くような体制も、いずれは出来たら良いなと考えております。

KWM-2Aとは全く関係の無い話になり恐縮ですが、たまたま、日本コリンズ(株)発行の日本語取扱説明書がございましたので、送受信の方法を2,3ページほど、画像でUPしてみました。
一番最初に取り掛かるには、参考になるかもしれません。お役に立てれば幸いです。
co1 co2
co3 co4
---
無線機や受信の買取は高山無線までお気軽にご相談下さい。
詳しくは高山無線のサイトを御覧くださいませ。

トリオTS-510を宅配買取でお売り頂きました。

ts-510
宮城県のお客様より宅配便買取でお売り頂きました。
有難うございました。電源内臓スピーカーPS-510付。
SSB交信を売りにしたTS-510は1968年10月発売。当時定価79,200円のお品です。
近い年代を見ますと、八重洲はFT-200を同じ月に69,000円で、更にFT-400Sを翌年の5月に発売しています(89,000円)。調べてみると、10W機の型番最後にSをつけるのは、この400Sからの様ですね。
t1
一緒にカタログもお譲り頂きましたので、記念に。
t2
こちらは10WのXモデル。
ベストセラーとなった、後継のTS-520Xの発売はこの5年後でした。
---
古い無線機の買取は高山無線へ。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時)もお気軽に。

 

 

TS-520Vを持込買取でお売り頂きました。

t1
トリオのTS-520シリーズは、ヤエスのFT-101シリーズ同じくらい、買取依頼も多い機種です。
ご存知の通り、FT-101への対抗機種として、トリオが1973年に打ち出したベストセラー機ですね。
写真は常連様より持込でお譲り頂きましたTS-520Vです。
あまりにも状態が宜しかったので、記念にブログで保存させて頂こうと思いました。
t2
外観は何とオリジナル塗装のままです。ここまでキレイな状態はお珍しいですね。
大切にされていたお持ちがよく判ります。

この状態に常連様がレストアを施しまして、これが完璧!でした。
ガリ等は勿論無し、思わず、今ウチで使っている現行無線機と同軸切替器を使いながら並べてワッチしてしまいました!
性能はもちろん比較できませんが、音質は、今のリグより、この時代が好きな方も多いのではないでしょうか。

このような昔の機械が受け継がれていくのは、無線趣味の素晴らしいところでしょう。
例えばビンテージ自転車がレストアされるように、クラシックカーが愛されるように、無線機も無骨な機械でありながら、長く楽しめるということは、まさに キング・オブ・ホビーだと言えるでしょう。
---
高山無線では古い無線機も買取させて頂いております。
高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい。

 

ヒースキットSB-101を大阪より宅配買い取り致しました。

ha

大阪のOM様より宅配便着払でお送りいただきました。
有難うございました。

h1

たまたま手元にカタログがありましたので、眺めてみましょう。
1975年のNEW WINTER PROJECTS です。

h2

写真はSB-102の方になります。(上段右から2番目)。
(クリックで拡大します)

h3a
私たちには無線機のイメージが強い会社ですが、多種の製品を作り出しています。
写真はポータブルテレビの紹介。

h4
こちらは計算機ですね。
--------------------------
無線機・受信機・BCLラジオ買取
高山無線
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/

アマチュア無線機型番の由来/八重洲FT-901SD(不動)の買い取り

FT-901SD

 

東京都のクラブ局様より、不動のためクラブでご不要になった懐かしのリグをお売り頂きました。有難うございます。
写真の八重洲 FT-901SDや、TS-520、FT-101など、当時のリグが多数です。クラブ局の長年の歴史ですね。

ところで、メーカーの型番のFT・・・とか、TS・・・などの記号の意味をご存知ですか?
弊店の資料で探しておりましたら、ありました。
RIMG01601
アクションバンドが1995年に出版した「列伝アマチュア無線機50年史」
の写真付の紹介、年表、春日無線(トリオ=ケンウッド)の春日二郎氏にインタビュー記事など内容は多岐にわたる1冊です。

その中のオマケ記事「-型番の由来-」によりますと、
例えば、トリオ/ケンウッドでは、
・TX・・・送信機 これはわかりやすいですね。
・9R・・・真空管の数です。9R-59は9本。
・TS・・・トリオ ステーションだそうです。固定機の型番ですね。
・TM・・・トリオ モービルです。となりますと・・・
・TH・・・トリオ ハンディです。なるほど。。。

続いて、八重洲無線です。
FT・・・Fはフューチャーやファイン等のFだそうです。Tはテクノロジー又はトランシーバー。
FT-101とかFT-736とかですね。
FRG・・・Rはラジオ、Gはゼネカバとのこと。なるほど。
Exif_JPEG_PICTURE
(クリックで拡大します)。

それではまた次回。
----------------------
無線機/受信機/BCLラジオ買取
高山無線
埼玉県羽生市藤井下組171
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/ex/amateur.html

日本コリンズKWM-2Aを出張買取させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

神奈川県のコレクター様より、日本コリンズの無線機一式をお譲り頂きました。
有難うございました。

Exif_JPEG_PICTURE
背面です。コリンズラジオ社より製造権許諾にもとづいて・・・のシールが貼ってあります。

Exif_JPEG_PICTURE
取扱説明書も勿論和文です。いつもの英文に見慣れてしまうと・・・ちょっと新鮮です。
前書きにも「日本コリンズ株式会社ではこのKWM-2Aを、米国コリンズ社との密接な技術提携にもとづいて製造しており、性能はもとより品質管理においても従来の製品とかわるところはありません」ときちんと明記されております。

R0011524
ちなみに1974年のCQ誌で「いよいよ日本で生産発売!!」の広告があります。
価格は35万円です。当時の大卒初任給が7~8万円ですので、月給の5倍程度です。
やはり、お高い!
R0011527

こちらは同誌での大丸の広告。世界の一級品は大丸にあり!!
当時はデパートでも販売されておりましたよね。

Exif_JPEG_PICTURE
拡大してみました。リニアの30S-1が82万5千円、送信機の32S-3が中古で39万9千円・・・の売値です。

R0011523
上記の広告は1974年の4月号です。
Exif_JPEG_PICTURE
この号は特集は「コリンズの技術を語る」になります。本文の前段にも、「日本コリンズという会社ができ、KWM-2Aを国内生産するようになり・・・」となり、特集の呼び水になっていますね。

R0011521
こちらはコリンズのログシート(業務日誌)です。
勿体無くて、こちらは記入出来ないですよね(苦笑)。

今回のお客様はステーションコントロールや外部スピーカー、もちろん外部電源も込みで、
一式でお売り頂きました。
弊店ではコリンズの様な往年の外国製無線機や受信機も得意分野になります。
大切なコレクションでもござますし、金額も高額でのご商談が予想されますので、出来るだけお客様のご希望に添えます様、頑張っております。
まずはお気軽にご相談下さいませ。フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)または高山無線のサイトより遠慮なくご連絡下さい。お待ちしております。

スターSR-700/ST-700 当時のCQ誌記事。

s
スターのST-700送信機とSR-700A受信機を出張にてお売り頂きました。
有難うございました。

1
こちらは1965年12月号のCQ誌の広告です。
定価は66,000円です。
当時の大卒男子初任給は約24,000円ですので、初任給の約2.8倍ですね。
受信機だけでこのお値段ですから、送信機と揃えるとなると・・・。
いつの時代もアマチュア無線はお金のかかる趣味ですね(苦笑)。

4
同号の新製品紹介頁。3頁に渡って紹介されました。
(写真はいずれもクリックで拡大します)。

5
こちらはST-700。1966年8月号の広告です。

今回の特筆すべきは箱の綺麗さです。
二重箱の外側はさすがに汚れが目立ちますが、中箱は大変綺麗でした。
本体の方はさすがに通電も難しく、こちらは次のコレクター様に行く末を委ねる形になりました。今回は持ち主のご子息様からのご依頼となりまして、弊店の買い取り金額にもご満足頂きました様で、弊店も嬉しく思っております。

年末年始に向けて、大掃除のシーズンになります。もしご家庭に無線関係のお品がございましたら、是非お気軽にご相談下さいませ。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)や高山無線サイトTOPページでもお受けしております。お見積だけでも大歓迎です。
皆様のお品は大切にお取り扱い致しますので、どうぞよろしくお願い致します。