(受信機買取)ワトキンス・ジョンソン WJ-8718A 整備風景

P3260014_R
WJ-8718Aの整備となります。(以前のブログの機種とはまた別の機種です)
P3260007_R
基板を外しての分解清掃。
RIMG0016_R
WJ-8718Aには、以前ブログに載せましたJRC機とは違い、ケースの中にメンテナンス用のツールが最初から付属しております。(写真)
RIMG0017_R
拡張ボード、調整用のドライバ、取っ手(脱着金具)のメンテナンス3点セットです。
RIMG0018_R
このように取っ手の先を基板の穴に引っ掛けて持ち上げ、基板を外します。
P3260009_R
そして拡張ボードを差し込んだ上に、本来の基板を装着します。
これで調整が楽に出来ますね。
P3260010_R
交換部品としては、このニッカド電池が死んでおりますので、交換となります。
P3260011_R
こちらが新品のニッカド電池。
P3260012_R
ニッカド電池は内蔵させました。
(元の電池は端子を折って、そのまま装着しております)
---
* 各ボード脱着清掃,確認 (マザーボード含む)
* シンセサイザー、各PLLループ動作確認
* 信号系GAIN調整、Sメータ調整 (延長基板使用)
* バックアップ用NiCd電池交換
* 各メカニカルSW動作確認 (BFOサムホイールSW含む)
* 各VR動作確認 PHONE LEVELツマミにガリが残っています(これ以上の表面処理は破損を招く為、ここで止めております。)
* メインテナンス用ツール確認 基板脱着金具、調整用ドライバ OK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする