月別アーカイブ: 2014年6月

His Master’s Voice真空管ラジオが買取り入荷致しました。

真空管ラジオ Gramophone社 His Master's Voice【棚

2 Gramophone社 His Master's Voice【棚
北海道のコレクター様より、Gramophone社の真空管ラジオをお譲り頂きました。
His Master’s Voice、ニッパー犬はビクターのトレードマークでもお馴染みでしょう。
古い真空管ラジオもお買取させていただいておりますので、ご整理をお考えでしたら、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームより遠慮なくご相談下さいませ。

受信機買取/アンリツARR-5403は1955年製です。

本日は持込買取ということで東京都板橋区のお客様より、アンリツの船舶用業務用受信機(ARR-5403)の持込をお受けさせて頂きました。

DSC02594

50年代の受信機ということで、中を開けてみると、バンド切替時にドラム回転し切り替わる仕組みです。ガシャガシャと、非常にメカニカルですね。
DSC02598

空転しないかと、心配しながら、そろそろ回します。

船舶用ということであまり資料が残っていませんが、紹介されている資料もあります。
DSC02599

お馴染み金道英雄氏の「日本の業務用受信機」(第16版)によると、製造期間が短かったため、あまり出回りがないとのことで、かなり貴重なものとなっております。
このお客様も、当時、中古品が出ると聞いて、わざわざ現地まで向かわれたとのこと。
外部電源も自作され、家庭用AC100V使用に改造されております。
外観の汚れこそありますが、ラジオニッケイや北京放送などが受信でき、まさに60年の時を越えた逸品ですね。
思い出の受信機をお譲り頂き有難うございました。

弊店では引き続き受信機や、無線機の買取業務を行っております。
今回のように、業務用受信機から一般のアマチュア無線機、更には自衛隊や米軍などの軍用まで幅広く買い取りしております。
買取り時の費用は全て弊店負担ですので、無料の出張買取というものもあります。
まずはお気軽に、高山無線サイト買取フォームまたは、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までご相談下さいませ。

室内受信ループアンテナLA390を出張買取させて頂きました

fantasyzone0x0-img450x600-1402474768n5fh4829532
東京都練馬区のお客様のご自宅の倉庫までお伺いさせて頂きまして、
国産の業務用受信機と一緒に、AOR社の室内用ループアンテナLA390や
その他受信用アンテナを 買取させて頂きました。

ループアンテナではありませんが、室内アンテナのQUANTUM QX LOOPも 入荷しました。
e55b3266177c

今回は室内用の小型のものが入荷しておりますが、弊店ではこういった室内用のループアンテナだけでなく、室外用アンテナ(こちらは未使用に限ります)も買い取りしております。

大きくて送れないという場合でしたら、無線機や受信機の買取と同時にお伺いさせて頂きますので、まずは出張買取の際にご相談下さい。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時)よりお気軽にご相談下さい。
お見積やご相談だけでも大歓迎です。

八重洲FTDX3000D無線機を出張買い取り致しました。

fantasyzone0x0-img600x450-14023874782fsinm30144
先日は、東京都目黒区まで出張買取させて頂きまして、八重洲のFTDX3000Dを買取させて頂きました。

古いBLCラジオや業務用受信機、真空管の無線機の買取が連続して入ってきていましたので、最新機種は数日ぶりの買い取りです。
液晶が見やすく、操作も意外と?わかりやすいですね。デジタルなのにアナログSメーターもあり、さすがのマニア向けです。
FTDX3000D他にFTDX5000Mや、FTDX9000Dも高価買取り中です。
買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい

 

JRC日本無線の業務用受信機NRD-91買取り致しました(東京都練馬区にて)

DSC02541
本日は弊店の無料宅配買取を利用されて、東京都練馬区のお客様よりJRC日本無線のNDR-91を買取させて頂きました。
通常は無料で出張にてご訪問させていただくのですが、今回はどうしても日程が合わずに
お送りいただく方でお願いさせて頂きました。

NRD-9◯シリーズのこちらは91になります。1982年~1987年販売。
業務用の中では操作もシンプルですし、かなり手軽なものとなっております(お値段はお高いですが(苦笑)
コレクターとしましては、何よりも軽いのが一番です。昔の真空管式なんて、場合によっては2人でエッチラオッチラですから。

RIMG0205a
お馴染み金道英雄氏著「日本の業務用無線機」(第16版)より。
「NRD-90シリーズの下位機種として、船舶のサブ受信機、フェリー等ではメイン受信機として使用された」そうです。

弊店ではNRD-91の他に、上位互換のNRD-93、95なども高価買取りしております。
JRCをはじめ、国産や外国、年代を問わず、業務用無線機、受信機も高価買取り致しますので是非一度ご相談下さい。
高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご連絡下さいませ。

真空管試験機や半田こてなど、無線修理品・技術書も買い取り致します

他のお店では買取していない真空管や半田コテ、技術書などなど、こういったものも買取対象アイテムになります。

写真のものは最近出版された三才ブックスの「BCL修理読本」というものになりますが、こういった技術書も買取しております。この雑誌は資料としても重宝しております。

半田コテですと、個人的に愛用していますHAKKOの「FX-951」こういった使用されていた半田コテも買取対象になります。使用していたがもう使わないといった修理備品がありましたら、どうぞ買取ご依頼を宜しくお願い致します。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい。

周辺機器の買取も行っております

DSC02525
先日と今日2日連続でSWR計を、大阪府大阪市、静岡県浜松市のお客様より
八重洲のFT-757GXやTRIO製無線機数台と、SWR計数台を買取りさせて頂きました。

たとえば、今回のようなSWR計と、パワーメーター(ワットメーター)のクラニシ製のものやダイワ製の
クロスメーター、現行のBird(バード)社製など、周辺機器全般も幅広く買い取りさせて頂きます!

宅配買取だけでなく出張買取も全て手数料等全て弊店負担の無料で行わせて頂いております。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい。
お見積やご相談だけでも大歓迎です。

 

電波新聞社のBCLマニュアル入荷しました

DSC02515
電波新聞社出版のBCLマニュアルやハムラジオなどアマチュア無線雑誌を
栃木県宇都宮市まで出張買取させて頂きました。

BCLマニュアルは3種類あり、75年、78年、80年度版があり、今回は75年度版となっております。

内容は業務用無線機紹介や、海外放送の歴史などなど
山田耕嗣氏の解説により、非常にわかりやすい内容となっております。
当時学生だった方はこれを読んでBCLの世界に足を入れた方も多いのではないでしょうか。

しかも、今回入荷しましたBCLラジオにはソノシートが付属しております。
DSC02517

雑誌はちょくちょく入荷しておりましたが、附録のソシート付きは久々の入荷となりました。

弊店では75年度版の他にもBCLマニュアルの買取りを行っております。

無線機、BCLラジオなど趣味の雑誌価格表はコチラになります。

是非一度ご覧ください。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい。
お見積やご相談だけでも大歓迎です。

書籍のご紹介『短波帯アマチュア無線入門ガイド』津田稔著/CQ出版社

RIMG0324
著者の津田さんは、小職も以前にお会いした事もございましたが、以前は『モービルハム』誌でも執筆されていた、大ベテランのOMさんです。
2013年9月発行の書籍になりますが、この度、入手して拝読させて頂きました。

この本の意図は明確で、『はじめに』を読みますと、「(前略)アマチュア無線免許を取得した多くの入門者が、超短波帯(VHF)の小型ハンディー機で開局するらしいことを知りました。しかし筆者は、VHF・UHFのトランシーバによる交信に加えて、もっと短波帯(HF)の面白さを知っていただきたいと考え、本書を書きました」と書かれております。
さらに「短波帯の魅力を一言で表現すると、それは変化です」と続き、さすが説得力がありますね。
内容は全般的な事に触れられていますが、切り口も面白く、短波帯に特化した内容が良い所です。

全くの初心者が一番最初に読むには、理解が難しい箇所もあるかもしれませんが、そこをこらえて読み進めるだけの価値があります。
お勧めの一冊になります。

BCL短波ラジオ76台を出張買取(神奈川県横浜市)させて頂きました

DSC02514
本日は神奈川県横浜市のお客様のご自宅までお伺いさせて頂きまして、 短波ラジオなどラジオ76台を買い取りさせて頂きました。
当時からコツコツ集められたコレクションとのことで、箱とガラスケースに綺麗に保管され、発売時期や当時定価等もエクセルでリスト化されるなど、ご熱心にご収集されたとのことです。
机の上に並べるだけ並べてみましたが、あまりの量に全て 乗りきらなかったので一部ではありますが、写真を掲載しております。
ソニーのスカイセンサー(例えばICF-5900)から ナショナルのクーガ(RF-2200)、東芝(トライX)や、三菱ジーガム、日立サージラムまで 多岐にわたるアイテムの買取りとなりました。 時代も90年代と新しいものから、全盛期の70年代まで 幅広いものがありました。 動作確認していると新しいものはスッキリしていて 操作しやすくなっているなと、時代を流れを感じましたが、 古いものは自分で操作している感覚があるので、 味わいがあって楽しめるものではないでしょうか。
弊店では引き続きBCLラジオなどを高価買取りを行っていきます。
今回のようにかなりアイテム量があるようでしたら出張買取も可能な場合があります。
出張買取にかかる費用は全て弊店負担致しますので、まずはご相談下さい。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)よりお気軽にご相談下さい。
お見積やご相談だけでも大歓迎です。