箱付のBCLラジオ(スカイセンサー)が入荷致しました。

sky1
なんと元箱付のソニー・スカイセンサー ICF-5900を宅配買取でお譲り頂きました。
どうも有難うございます。
残念ですが受信に難アリでしたが、本体は綺麗で、更に程度の良い元箱付でしのたで、次にお渡しする方もきっと喜んで下さるでしょう。
よく故障は買取NGですか?とのお尋ねが多いのですが、40年前の機種で完動品の方がお珍しいと思います。故障品やジャンク品でもOKですので、高山無線のサイトより、お気軽にご相談下さい。
BCLラジオ関係では、雑誌や古本、ムックも大歓迎です。こちらも是非ご連絡下さいませ。
スカイセンサー5900、クーガ2200はもちろん、東芝や日立などなど、各社お待ちしております!

TS-590S無線機を出張で埼玉県所沢市にてお売り頂きました。

590
ケンウッド(トリオ)のリグのご紹介は久々となるかもしれません。
TOPでのご紹介はアットランダムになりますので、決して買取数が少ないという訳ではございませんので、
ご安心下さい(^^;
TS-590ネタといえば、2012年のブログ記事の再掲で恐縮ですが、
TS-480/TS-520/TS-590/TS-660/ 以上の機種を発売順に並べましょうという記事もございましたね。
正解は同上ブログをご覧下さい~。

660
こちらは以前お買取りいたしました、TS-660です。
21/(24.5)/28/50MHzの4バンド対応。
HF+50MHzという組み合わせはTS-590でも健在ですね。
不動・ジャンク品ですが、お買取は大丈夫です。
ご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は、サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。

ハリクラフターズ受信機をお譲り頂きました。

r274
軍用の受信機、ハリクラフターズ R-274/FRRを山梨県のお客様より出張買取でお売り頂きました。
有難うございました。
同社の最高級モデルSX-73の軍用向けモデルになりますね。
残念ながら通電のみOK、受信不可の状態ではございましたが、古い機械でもございますし、このような受信機はメンテナンスを前提でお求めのなるお客様も多いため、お買取は全く大丈夫でございます。
買い取りのご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は、サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さい。お見積もりだけでも大歓迎です。お待ちしております。

BCLマニュアルなど古本を多数お売り頂ました。

RIMG0105
往年のスカイセンサー5900/クーガ2200と一緒に、当時のBCL関係書籍をお譲り頂きました。
こちらは静岡県のお客様からの宅配買取です。有難うございます。
それでは早速見てみましょう!

Exif_JPEG_PICTURE

皆様お馴染み、「ラジオの製作(ラ製)」別冊、新・旧のBCLマニュアルになります。
執筆はご存知、山田耕嗣先生。
Exif_JPEG_PICTURE
どちらも海外放送局のISのソノシートが付属します。
ちなみにISとは、インターバル・シグナルのことです。
局を識別するためのアナウンス(音楽)で、ダイヤル式時代では周波数の判読にも重宝しましたね。

Exif_JPEG_PICTURE
こちらはNHKブックスの「海外短波放送を聞こう」です。
Exif_JPEG_PICTURE
内容は全般を網羅したオーソドックな内容です。
冒頭でルバング島の小野田少尉が短波放送で当時の世界情勢を聞いていた・・・という興味ある内容で話がはじまります。

Exif_JPEG_PICTURE
こちらは山海堂の「BCL入門百科」です。
Exif_JPEG_PICTURE
山海堂といえば、自動車や工業関係で有名でしたが、残念ながら2007年に倒産してしまいました。
写真の「RXを求めるときのこつ」等の記事は、同社らしいですね。

Exif_JPEG_PICTURE
以上が1970年代の出版物ですが、こちらのラジオライフ別冊「BCLの楽しみ方」は
発行が1985年になります。
中波イチオシなのが三才ブックスらしいですね。

Exif_JPEG_PICTURE
最初の記事はアイドル関係です。
こちらは当時のアイドル、松田聖子ちゃんのAM番組「愛にくちづけ」のタイムテーブルです。
放送局によって、30分番組だったり、55分番組だったり・・・と変動を紹介しておりますね。
中波BCL-DXを目指すには十分は動機ですね(^^;

皆様、懐かしがって頂けましたでしょうか。
それでは、また、次回・・・。
-----------
BCLラジオや無線機の買取のご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
又は、サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。

アイコムIC-R9000受信機を出張買い取りさせて頂きました。

ic-r9000
こちらは神奈川県川崎市のOM様よりお譲りいただきました。
どうも有難うございました。
昔の真空管式受信機と比べても、重量もそここそあり、重厚な作りですね。
このような重たい受信機や無線機につきましても、出来る限り、ご自宅まで
出張させて頂いております(もちろん費用は一切かかりません)。
さらには周辺機器やアクセサリ、書籍関係もお買取させて頂いておりますので、
ご整理の最には、是非ご依頼下さい。
ご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。お待ちしております。

ICF-6800Aをお売り頂きました。

68

さて、ソニーのICF-6800Aになります。
山梨県の方より宅配買取でお譲り頂きました。
有難うございました。
表示はご存知デジタル。スタイルも横長に一変しました。
当時の定価・・・、むむむ、ド忘れしてしまいました。申し訳ありません。
アナログ派の方はICF-5900を、デジタル派の方は6800を。
当時を懐かしく思い、今でも入手される方も多くいらっしゃいます。
もし皆様のご自宅で眠っている様でしたら、是非お買取させていただきますので、
どうかお気軽にご連絡下さいませ。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽に・・・。

無線機の出張/宅配買取をお受けしております


505
高山無線でございます。
本日は東京都板橋区のお客様宅へ受信機買取のご訪問でした。
TOP頁の更新が滞っており、申し訳ございません。
もちろんお買取り業務はお受けしておりまして、9月12日以降では、
JRC-545
-525
-505
アイコム IC-7400
IC-7700
IC-780
IC-756pro2
IC-R8500
ID-51ハンディ機
ケンウッド TS-440S
トリオ TS-120S
スタンダードVR-150ハンディ
八重洲 FT-101B
FT-7
FT-736M(144/430/1200MHz)
・・・などなどをお買取りさせて頂いております。

順次、サイトでもご紹介させて頂きますので、どうぞお待ちくださいませ。
-----------
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は、
サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご相談下さいませ。

お待たせしております。

いつも有難うございます。
11日木曜日は新潟県の新発田市、本日の金曜日は群馬県の高崎市と、朝早くから遅くまでの出張買取が続きました。
お客様へのご返信が遅くなりまして、申し訳ございません。
宅配買取のお品も、ただいま、順番に鋭意拝見しております。
お問い合わせへメール、無線機のご評価など、誠実かつ最高額の買取金額を目指して、1件1件丁寧に拝見しておりますので、ご返事まで、何卒、もう少々お待ち下さいませ。
どうぞよろしくお願い致します。
---
高山無線 店主より
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)

ICF-SW77短波ラジオを買い取り致しました。

77
兵庫県のお客様より着払いの宅配にてお売り頂きました。有難うございました。
弊店では昔のBCLラジオ以外でも、最近の短波ラジオも積極的にお買取しております。
故障やジャンクでも問題ございません。
ラジオは修理してご使用される方も多くいらっしゃいます。電源が入らない状態でも一度ご相談下さい。
性能はさすがに最近のラジオです。昔のBDLラジオ(スカイセンサーやクーガなど)を1台、最近のモデルを1台と、2台お持ちになる方も結構いらっしゃいますね。
BCL短波ラジオの売却のご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さい、お待ちしております。

小林無線(フルノ)AS76受信機をお売り頂きました。

as76

こちらは神奈川県横浜市のコレクター様より出張買取にてお譲り頂きました。
有難うございました。
こちらは古野電気にOEMとして製造された受信機で、毎度お馴染み「日本の業務用無線機16版」(金道英雄著)によりますと、1976年~1998年の製造、生産台数は400台あまりとのこと。
こちらの状態としては、上フタが無く、6.055MHzのラジオニッケイが受信出来ましたが、国内のAM(NHK第一)などは残念ながら受信が出来ない状態でした。
それでも、さすがに小林無線製の受信機のため、高額のお買取をさせて頂き、ご依頼者様もご満足頂き、弊店も嬉しく思っております。
重さも30キロ以上ありますので、ご出張が出来ます様でしたら、ご自宅までご訪問させて頂きますので、
売却をご検討中でしたら、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は、サイトの買取ご依頼フォームよよりお気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

無線機を神奈川県にて出張買い取り致しました(IC-756PRO2)

ic-756pro2
HF-50MHzカバーの100Wモデル。
神奈川県横浜市にて出張にてお譲り頂きました。
横浜や川崎をはじめ、神奈川県からのご依頼は大変多いですね。
弊店は埼玉県ですが、神奈川方面もしょっちゅうご訪問しておりますので、
遠慮なく出張買取をご相談下さいませ(もちろん一切無料です)。

さてHFから50MHzをカバーするリグとなりますと、小職の記憶では、1980年代に発売された
トリオのTS-660、その後継で(ケンウッド名義でしょうか)TS-670を思い出します。
この頃はコールサインもそろそろ満杯で・・・という時代でしたね。

閑話休題、756PROはアイコムのアイユーズ管轄ですから、もちろん気合の入った一台です。
756からはじまって、756PROⅢまで続きました。
どのシリーズも高価買取させて頂きますので、まずはお気軽に、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は
ホームページの買い取りフォームから遠慮なくご相談ください。お見積もりだけでも大歓迎です!

三田無線デリカMCR-631全波受信機を北海道より宅配買取りさせて頂きました。

delica
DELICAブランドでお馴染みの三田無線ですが、有り難い事にまだサイトが残っております。1924年に創業、残念ながら2007年に製造終了となりました。
CQ誌広告のあの独特のモノクロ広告が印象的でしたね。
デリカのディップメーターでお世話になったOM様も多いのではないでしょうか。
(ちなみにディップメータも、まだお値段がつきますので、買取の際には是非お声かけ下さい)
さて、MCR-631は、おなじみ「日本の業務用受信機」によりますと、当時定価が89,000円だそうです。
de

製造は昭和44年1月。535KHz~30MHzの全波受信タイプでした。
今回はSメータは振れるも、残念ながら音が出なかったのですが、
このタイプはレストアが前提ですし、むしろ完動なのがお珍しいくらいです。
真空管式の受信機や軍用無線機もそうですが、そこまでお買取金額にも影響はございません。
また状態が悪くても、出来るだけ高値で買わせて頂きますので、もしご整理の際には、
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)か、サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご相談下さいませ。

東芝の古いAM/FMラジオをお売り頂きました。

tousiba 6fm-20
東京都国立市で無線機の買取の際、「昔のAM/FMラジオがあるのですが・・・」ということで、
1台お譲り頂きました。有難うございました。
東芝の6F-20ラジオになります。筆記体の東芝の文字が時代を感じさせますね。
今のラジオはほとんど黒やシルバーですが、白色になりますと、やはりお洒落ですね。
お部屋のインテリアとしても宜しい1台ではないでしょうか。
昔のラジオ、アンティークなラジオ等ございましたら、ぜひフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。
お見積もりだけでも大歓迎です。お待ちしております。

BCLラジオ日立サージラムKH-2200をお譲り頂きました。

kh
長野県のお客様より宅配買い取りでお売り頂きました。
有難うございました。
このサージラムは、ICF-5900やクーガ2200と違い、横型ですね。
お買取で多いのは、やはりソニーのスカイセンサーや、ナショナルのクーガが数としては多いのですが、もちろん、他のメーカーさんのBCLラジオも積極的に買い取りさせていただいております。
もしご整理される予定がございましたら、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご相談下さいませ。
一品から大歓迎です!

軍用無線機を買取。自衛隊機/受信機をお譲り頂きました。

jrt
少し前になりますが、こちらは関西方面のマニアの方より、着払宅配買取りでお売り頂きました。
有難うございました。
恐らく昭和40年代頃?かと思われます。
整備履歴には国際電気の名前が・・・、さすがに銘板は外されておりますが、ハンマーも入らず、程度の良い状態で、コレクターの方が大切に保管されておられました。
やはり昔の時代だから許された、逸品だったのでしょうね。
ちなみに型番がある場合、頭のJが自衛隊のJを表します。

高山無線では、コリンズ等の海外の軍用無線機以外にも、防衛庁、あるいは業務用受信機も買取させて頂いております。
まずはお気軽に、高山無線のサイト買取フォームまたは、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までご相談下さいませ。

JRC日本無線 JST-10Aを持込買取りさせて頂きました。

JRCが発売したHFのポータブルタイプ機です。
R0027147

JRCサイトによりますと、JST-10の後継にて、
http://www.jrc.co.jp/jp/product/comm/cq/html/hg_bd_2.html
1986年から1988年の3年間製造。当時の定価78,000円になります。
さすがJRC、高価ですね(^^;
cck410
こちらは専用縦振り電鍵です。
自作の木製台座に固定されております。

今回のお客様はとにかくHF一途!のご依頼者様、千葉県から東北方面へドライブのついで、ということで、羽生インターで降りて下さって持込頂きました。

昔は一軒家でタワーを建てられていらしゃったものの、マンションに引っ越されてからは、なかなか思うように飛ばずに・・・。

アンテナ関係は、ズバッとした答えが出ず、皆様ご苦労されていらっしゃると思います。
どうか、皆様にとってベストな解決方法がありますように・・・。

買取りは高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時年中無休)でもお受けしております。

 

コリンズ KWM-380を神奈川県で出張買取致しました。

31af3b2206c8
ロックウェル社に買収された後の、COLLINSになります。
定番の390A等に比べると、中古流通量も少ない製品となります。
当時の定価は日本円で200万円程でしょうか。
その定価の高さも流通量の少なさに影響していると思われます。

今回はそれも2台、お譲り頂きました。他にもR390Aや、32S-1などなど・・・。
ご家族様からのご依頼で、お部屋を整理しながらのお買取りでございました。
金額としてもご満足いただけた様で、お役に立てて嬉しく思います。

コレクションのご整理がござましたら、まずはお気軽に、高山無線のサイト買取フォームまたは、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までご相談下さいませ。

FT-1000MPを福島県へ出張買取致しました。

bff85d88c475
久しぶりの八重洲 FT-1000P、こちらはMarkVを出張買取させていただきました。
今回は、東北、福島県。
他にもコリンズSライン一式、ハマーランド、TRIOのリニアアンプなど、最近モデルから往年の真空管式まで、多数をお譲り頂きました。

3.11のこともあり、タワーは既に撤去、それでもロングワイヤーを一本張られ、7MHzも明瞭に聞こえます。
大切なコレクションをほとんどお譲り頂いたのですが、やはり少しはお残しになりましょう、ということで、ケンウッドのHFとV/UHF機は
そのままにさせて頂きました。ケンウッドは音が良いということで、お気に入りと仰っていました。

運び出しが終わりまして、シャックも空きが出てしまいますと、小職もいつになく、ちょっと感傷的になってしまいました。
でも、数々の出来事、青春時代からの大事な思い出は胸の中にギッシリ詰まったまま、そこに空きは無い・・・信じます。
お客様の若いころの話、DXに夢中になられた話、コリンズの入手秘話など、貴重なお話をお伺いさせて頂きました。
この時は、同じ趣味人として、この仕事をして一番楽しい時間です。

大事な無線機をお譲り頂きまして有難うございました。

ご売却のご相談がござましたら、お気軽に高山無線のサイト買取フォームまたは、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/365日)までご連絡下さいませ。見積だけでもOKです。

 

八重洲FT-736を群馬県にて買取致しました。

3f8332c97223
このFT-736は50MHzから1200MHzまで対応可能なモデルで、拡張性が高い1台となります。

買取金額のポイントと致しましては、1200MHzが搭載しておりますと、金額もグッと上がって参ります。
外観につきましては、正面パネルの金属部分の青サビ、白サビは、この時期のモデルでは仕方ないでしょう(^^;
FT-101もそうですが、この時期の八重洲は、一目で八重洲のリグだと分りますね。
トリオ(ケンウッド)もアイコムも、それぞれ特徴的な外観で、個性的な時代でした。

小職の経験では、普段は利用はしませんでしたが、所属クラブで全市全郡や6m&downコンテスト等では、
ビームアンテナを組み立てて運用した思い出があります。

今でも1200MHzのリグはお求めの方が多いバンドです。
お譲り頂けます場合は、是非、高山無線までお気軽にご相談下さい。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)でも大歓迎です。

His Master’s Voice真空管ラジオが買取り入荷致しました。

真空管ラジオ Gramophone社 His Master's Voice【棚

2 Gramophone社 His Master's Voice【棚
北海道のコレクター様より、Gramophone社の真空管ラジオをお譲り頂きました。
His Master’s Voice、ニッパー犬はビクターのトレードマークでもお馴染みでしょう。
古い真空管ラジオもお買取させていただいておりますので、ご整理をお考えでしたら、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームより遠慮なくご相談下さいませ。