1975年初版「BCLマニュアル」美本を高価買取致します(先着1名様)

m121672340.1
探求書コーナーにご依頼がありましたので、皆様にお知らせいたします。
お馴染み、(故)山田耕嗣先生の、ラジオの製作別冊「BCLマニュアル」(電波新聞社)を先着1名様で高値買取させて頂きます!
先方様の条件は・・・
---
・1975年の初版版(雑誌のお手元の奥付にてご確認下さい)
・ソノシート付(頁から外れていない状態です)
・程度が綺麗な状態
---
以上の三条件です。
この「程度が綺麗な状態」という条件が、多少ハードルが高いかもしれませんが、我こそは!!という方を是非お待ちしております。上記の条件で、程度により最大で6,000円買取です(先着1名様)。(通常は並品で3,000円ですので、こちらも絶賛!買取中です!)
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)または買取フォームより、ご連絡下さい。
デジカメでお写真をお送り頂ければ、より正確なお見積も可能です。
info@takayama-musen.com までメールでお願い致します。

 

防衛庁 自衛隊 70式野外電話機 JTA-T1の販売

RIMG0173a

(2月5日追記:すべて売約済みとなりました。有難うございました)
10台以上入荷致しましたので、お好きな方へ・・・。

<状態>
・屋外(土の庭先)に2年以上置かれていたものです。外装の泥等は落とせる範囲で落としております。天日干し1日、室内干しを数日間してあります。
・内部につきましては全く不明です。防水性の高い堅牢な作りではありますが、水(雨)や泥・砂、あるいは予期せぬ物の混入もご考慮お願いします。
・通電等を含め、動作一切未確認です。よって部品の破汚損、欠品、改造、不具合等は一切不明です。
・以上をご理解いただける方のみお願い致します。完全ジャンク、ノークレームノーリターンでお願いします。

<台数など>
今のところ10台以上あります。

<お問い合わせ先>
高山無線の買取フォームをご利用の上、ご連絡下さい。
完売の場合はご容赦下さい。
(以下、一例です。比較的状態が良いものです)
(写真クリックで拡大します)

RIMG0174a

RIMG0175a

RIMG0176a
ここまで同一の物です(角度を変えて撮影)

RIMG0177a
また別のモノです。

Exif_JPEG_PICTURE
取り扱い要綱です。

アマチュア無線機型番の由来/八重洲FT-901SD(不動)の買い取り

FT-901SD

 

東京都のクラブ局様より、不動のためクラブでご不要になった懐かしのリグをお売り頂きました。有難うございます。
写真の八重洲 FT-901SDや、TS-520、FT-101など、当時のリグが多数です。クラブ局の長年の歴史ですね。

ところで、メーカーの型番のFT・・・とか、TS・・・などの記号の意味をご存知ですか?
弊店の資料で探しておりましたら、ありました。
RIMG01601
アクションバンドが1995年に出版した「列伝アマチュア無線機50年史」
の写真付の紹介、年表、春日無線(トリオ=ケンウッド)の春日二郎氏にインタビュー記事など内容は多岐にわたる1冊です。

その中のオマケ記事「-型番の由来-」によりますと、
例えば、トリオ/ケンウッドでは、
・TX・・・送信機 これはわかりやすいですね。
・9R・・・真空管の数です。9R-59は9本。
・TS・・・トリオ ステーションだそうです。固定機の型番ですね。
・TM・・・トリオ モービルです。となりますと・・・
・TH・・・トリオ ハンディです。なるほど。。。

続いて、八重洲無線です。
FT・・・Fはフューチャーやファイン等のFだそうです。Tはテクノロジー又はトランシーバー。
FT-101とかFT-736とかですね。
FRG・・・Rはラジオ、Gはゼネカバとのこと。なるほど。
Exif_JPEG_PICTURE
(クリックで拡大します)。

それではまた次回。
----------------------
無線機/受信機/BCLラジオ買取
高山無線
埼玉県羽生市藤井下組171
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/ex/amateur.html

BCLラジオ ソニーICF-2001Dを宅配にてお送り頂きました。

201d
愛知県のお客様より宅配でお売り頂きました。有難うございました。
1985年発売。エアーバンドOK。
こちらのモデルは今でも高値取引されており、人気の1台です。
d153187664.1
こちらはICF-2000の方です。
昔からのチューニングダイヤルツマミがありません(上記の2001Dで復活しました)。
ちなみにアンテナの出方が逆ですね、いやいや、今気づきました(苦笑)。
2001Dは2001の後継機種という位置づけですが、似ているのはガワだけ、その設計思想は全く別物と考えた方が良いでしょうね。
それでは、次回。
------------------------
BCLラジオの買取は高山無線へご依頼下さい。
埼玉県羽生市藤井下組171
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/ex/bcl.html

 

コリンズSラインの買い取り

75-s3
ご存知75S-3。
東京都国立市のコレクター様より出張買い取りでお売り頂きました。
有難うございました。(ご売約済です)

最初のSラインの発売は1958年。その3年後に75S-3が発売されました。
それでは毎度、どれくらい高価かを検証しましょう(^^;、
当時の売価は680ドル。1ドル360円とすると244,800円。当時の大卒初任給が17,800円。
約14ヶ月分のお値段になりますね(苦笑)。

ただ、今更ですが、風格はさすがに別格です。ビンテージのクラシックカー、オートバイなど、往年の名品には、共通してかもしだす雰囲気というものがありますね。八重洲のFT-101がコリンズを真似した理由もわかります。
こちらのお品は、さすがに完動品という訳にはいかず(むしろ完動品はお珍しい位です)、
ただお客様が定期的に火を入れていらっしゃったので、中も比較的綺麗な状態でした。

高山無線では上記以外でも、不動品、ジャンク品、補修部品関係等も買い取りさせて頂いております。なるべく細かくお値段をおつけさせていただきますので、受信機買い取りのページや、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)までお気軽にご相談下さい。お見積のみでも大歓迎です。

CB無線機を買い取り/ソニーICB-87Rなど

cb
皆様、明けましておめでとうございます。
年末年始にかけまして、多数のご依頼を誠に有難うございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

新年1回目ということで、珍しくCB無線機のご紹介を致しましょう。
こちらはソニーのポータブルタイプ、ICB-87Rになります。
非常に綺麗な状態でお譲り頂きました(残念ですが、ご予約の方へ売約済みです。)
CB無線、シチズンバンド=市民ラジオ、0.5Wの8チャンネルになりますが、かつてはハイパワー機、40チャンネル、80チャンネル機などなど・・・社会問題化した時代もありました。
現在は、趣味の愛好家の方のご尽力で、このバンドが守られております。
QRPだからこその魅力や、無骨なデザイン(失礼)など、我々のアマチュア魂を大いにクスぐられる機械でもありますね。

高山無線では各種CB無線機も買取させて頂いておりますので、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)または、高山無線サイトより、まずは遠慮なくご相談下さいませ。
型番等をお知らせ頂ければ、お電話でのお見積も可能です。どうそお気軽に・・・。

 

 

IC-R2500受信機(PC連動)をお売り頂きました。

bj7n6mihyt53caaa
東京都の方より店頭へ持ち込み買い取りにてお譲り頂きました。
有難うございました。
こちらはご存知の通り、パソコン連動型です。
モービル機のようなコントロールパネルもついており、実機でも操作可能です。
ちなみにRシリーズがコントローラー付、PCRシリーズがコントローラー無しですので
少々ややこしいかもしれません。
suoegq623jpvi
こちらがパソコンのコントロール画面です。
マウスを使ってダイヤルをクルクル回すことも可能です。

今回お譲り頂きましたお客様は航空無線(エアバンド)受信がご趣味と伺いました。
傍受した通信の記録や管理の為、PC連動型にされたとのことです。
今でもお探しの方も多いアジア通信のR-535受信機の話で盛り上がり・・・、航空無線でしたら、ハンディ機を持って基地祭に行ったりと、いろいろな楽しみ方もございますね。
ただ狙った受信も難しいため、ご苦労も多いかと思います。

※わざわざ当地、羽生までご足労頂きました。
電車でお越しの場合は、羽生駅から送迎させて頂きますので遠慮なくお申し付け下さい。
なお出張買取等で不在の場合もございますので、事前にご予約をお願い致します。
詳しくはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)または高山無線サイトトップページ買い取りフォームより、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

年末年始のご案内

いつもご愛顧を有難うございます。
買取のご依頼は年末年始も無休でお受けしております。
買取フォーム、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時)などお気軽にご連絡下さい。
大晦日やお正月も、どうぞ遠慮なさらずにお問い合わせ下さい。

店舗の持ち込み買取につきましては12月30日まで、新年は1月5日よりお受け致します。
(事前予約制です)

皆様どうぞよろしくお願い致します。

日本コリンズKWM-2Aを出張買取させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

神奈川県のコレクター様より、日本コリンズの無線機一式をお譲り頂きました。
有難うございました。

Exif_JPEG_PICTURE
背面です。コリンズラジオ社より製造権許諾にもとづいて・・・のシールが貼ってあります。

Exif_JPEG_PICTURE
取扱説明書も勿論和文です。いつもの英文に見慣れてしまうと・・・ちょっと新鮮です。
前書きにも「日本コリンズ株式会社ではこのKWM-2Aを、米国コリンズ社との密接な技術提携にもとづいて製造しており、性能はもとより品質管理においても従来の製品とかわるところはありません」ときちんと明記されております。

R0011524
ちなみに1974年のCQ誌で「いよいよ日本で生産発売!!」の広告があります。
価格は35万円です。当時の大卒初任給が7~8万円ですので、月給の5倍程度です。
やはり、お高い!
R0011527

こちらは同誌での大丸の広告。世界の一級品は大丸にあり!!
当時はデパートでも販売されておりましたよね。

Exif_JPEG_PICTURE
拡大してみました。リニアの30S-1が82万5千円、送信機の32S-3が中古で39万9千円・・・の売値です。

R0011523
上記の広告は1974年の4月号です。
Exif_JPEG_PICTURE
この号は特集は「コリンズの技術を語る」になります。本文の前段にも、「日本コリンズという会社ができ、KWM-2Aを国内生産するようになり・・・」となり、特集の呼び水になっていますね。

R0011521
こちらはコリンズのログシート(業務日誌)です。
勿体無くて、こちらは記入出来ないですよね(苦笑)。

今回のお客様はステーションコントロールや外部スピーカー、もちろん外部電源も込みで、
一式でお売り頂きました。
弊店ではコリンズの様な往年の外国製無線機や受信機も得意分野になります。
大切なコレクションでもござますし、金額も高額でのご商談が予想されますので、出来るだけお客様のご希望に添えます様、頑張っております。
まずはお気軽にご相談下さいませ。フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)または高山無線のサイトより遠慮なくご連絡下さい。お待ちしております。

スターSR-700/ST-700 当時のCQ誌記事。

s
スターのST-700送信機とSR-700A受信機を出張にてお売り頂きました。
有難うございました。

1
こちらは1965年12月号のCQ誌の広告です。
定価は66,000円です。
当時の大卒男子初任給は約24,000円ですので、初任給の約2.8倍ですね。
受信機だけでこのお値段ですから、送信機と揃えるとなると・・・。
いつの時代もアマチュア無線はお金のかかる趣味ですね(苦笑)。

4
同号の新製品紹介頁。3頁に渡って紹介されました。
(写真はいずれもクリックで拡大します)。

5
こちらはST-700。1966年8月号の広告です。

今回の特筆すべきは箱の綺麗さです。
二重箱の外側はさすがに汚れが目立ちますが、中箱は大変綺麗でした。
本体の方はさすがに通電も難しく、こちらは次のコレクター様に行く末を委ねる形になりました。今回は持ち主のご子息様からのご依頼となりまして、弊店の買い取り金額にもご満足頂きました様で、弊店も嬉しく思っております。

年末年始に向けて、大掃除のシーズンになります。もしご家庭に無線関係のお品がございましたら、是非お気軽にご相談下さいませ。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)や高山無線サイトTOPページでもお受けしております。お見積だけでも大歓迎です。
皆様のお品は大切にお取り扱い致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

アイコムIC-7200無線機をお譲り頂きました

7200
ICOMのIC-7200です。この小ささでHF/50MHz、しかも100W仕様です。
いやぁ、今までFT-101などをエッチラオッチラ運んでおりましたので、この小ささは本当に技術革新の歴史を感じますね。

フロントパネルにスピーカーを配置したデザインは珍しいかもしれません。昔の小型軍用無線機(受信機)にやや似ているような・・・。
コストカットのせいでしょうか?アンテナチューナーを内蔵しない潔さがありますね。
それからFMもありません。
この辺は皆様の好みが結構左右される機種だと思います。
あとはテンキー仕様の点がマル、でしょうか。

現在ですとネットの実勢価格が7万円台前半の様です。
CQ誌をはじめ無線業界も、かつてのハム少年をカムバックしましょうとPRしていますから、
FMとアンテナチューナーをクリアできれば、使いやすい機種で良いかもしれませんね。

弊店では真空管式の無線機以外でも、現行品も得意です。
詳細は買取の一例をご覧下さい。
お見積もりだけでも大歓迎ですので、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトより、お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

クーガ2200/BCLラジオをお売り頂きました。

coga
直ダイメカのキャッチフレーズが誇らしい、松下のクーガ2200です。
スカイセンサー5900と双璧をなすモデルです。
余談ですが、クーガーなのかクーガなのか・・・、松下のパンフレット等を見ますと、正式にはクーガですね、念の為(^^;
今のラジオはもちろんワンタッチ選曲でピタッと周波数が決まりますが、当時はツマミを回しつつ、希望周波数に段々と近づいていく方法でした。強い局などは小さい音ながら結構前から入感して、ジャストの周波数で音量最大になりますね。
クリスタルマーカーなど、当時ならではの懐かしい機能もありました。

松下も「クーガ」や「プロシード」のブランド名を復活すれば良いのになぁ、と思います。
ソニーはICFの型番は継続していますね。こちらも「スカイセンサー」の名前を是非前面に押し出して頂けると、かつてのBCL少年は結構グッとくると思うのですが(苦笑)。

弊店ではBCL短波ラジオも積極的に買い取りさせていただいております。
お見積もりだけでも歓迎です。是非高山無線のサイトをご一読の上、お気軽にご相談下さい。
お待ちしております。

メールアドレス変更のお知らせ(高山無線)

いつもお世話になります。
この度は弊店ではメールアドレスを変更致しましたのでお知らせ致します。
新しいメールアドレスは、
info@takayama-musen.com
こちらになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
---
〒348-0065
埼玉県羽生市藤井下組171
高山無線 フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/

プレイバック1973『初歩のラジオ1973年7月号』

弊店は雑誌の買取に力を入れております為、古くて懐かしい雑誌も多く入荷がございます。
せっかくですので、その中の1冊をご紹介。
題してプレイバック1970年代。
DSCN1853
素材はアットランダムに選びまして、今回は『初歩のラジオ1973年7月号』です。
早速その表紙ですが・・・、
DSCN1855
中の記事と構成が同じという、とても斬新な表紙です。
ちなみに、サウンド・エフェクト・シンセサイザーの製作ですね。
キャッチコピーは「どうだい!このルックスは!?製作、きみ!スル!?」

DSCN1854
続いて目次です。オーディオ、ハム、エレクトロニクス工作という定番です。
実際に出張買取でご自宅にお邪魔させて頂きますと、オーディオに凝っていらっしゃる方も多く、またカメラマニアの方も多い印象です。皆様、奥様の目が怖いとおっしゃいますが・・・、ご理解のある優しい奥様で羨ましいですね。

DSCN1857
大手メーカーの広告です。
左がソニーのCB無線機、右がトリオのTR-2200G、2メーターのポータブル機です。
ちなみに現在は固定機自体が小型化されておりますので、ポータブル機というジャンルは消滅しましたね。
ちなみにソニーのCB機は弊店でも動作チェック用に現役で活躍中です。Tr-2200もたまに
買取のご依頼がございます。
DSCN1856
ショップの広告に移りましょう。
秋葉原の富士無線さんです。ハムショップが次々と撤退する中、まだまだ現役です。
大手メーカーの広告を指を咥えて眺めるのも楽しいのですが(苦笑)、このように細かい文字でビッシリと書かれたモノクロ広告をみるのも楽しみのひとつでした。なんか、自分の知らない、外国の未知の夢のようなスゴイ機械があるんじゃないか・・・て、思いませんか(^^;
DSCN1858
科学教材社という名前は個人的にカッコイイと思います!
ちなみに、1980年代ですが、初ラが主催して、東京は豊島区か文京区あたりで・・・、工作教室が開かれていたような気がします。
自分も何度か参加したのですが、記憶が曖昧なのです。皆様の中で、ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。

それでは今回はこの辺で。
---
無線機・受信機・ラジオの買取
高山無線
http://www.takayama-musen.com/
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)

IC-R20受信機を宅配買取させて頂きました。

f93lspm5dqwvt

しばらく固定の受信機(それも年代物・・・)のご紹介が続きましたので、
ハンディ受信機の登場は久しぶりでしょうか。
もちろんハンディタイプやコンパクトタイプの受信機もお買取しておりますのでご安心下さい。
お蔭様でコンスタンスにご依頼があり、有難うございます。

このIC-R20の発売は2004年です。もう10年たちましたので、ロングセラーと言ってよいでしょうね。いまAmazonで売値を調べたら54,800円でした。

サイズは今の小さいサイズと比べて、一回り大きいです。でも昔の(無線機ですけど)IC-2Nとかも大きかったですよね。ロッドアンテナがいかにも「受信機」という感じで個人的には好きです。あとはテンキー装備でしょうか。ダイレクトに打つ場合はやはりテンキーは使いやすいのですね・・・。
あとはその人の使い方で、決まってきますね。小さいサイズがご希望でしたら、VR-150とかになりますから。

弊店ではこのような受信機も出来るだけ高値で買い取りさせていただいておりますので、
ぜひご相談下さい。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)又は、サイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さい。お見積もりだけでも大歓迎です。
お待ちしております。

2アマ講習会(アマチュア無線/養成課程)について

11月12日の総務省の報道資料によりますと、2アマの養成課程講習会に関する答申及び意見募集の結果が公開されました。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000146.html
ご興味のある方は是非ご一読下さい。
---
個人的には講習会に賛成です。
もちろん、ゼロから独力で開拓をしていくのがアマチュアのスピリットですが、そうは言っても、なかなか忙しい現在、そこまで時間を割くこともままなりません。
講習会が単なる暗記ではなく、キチンとした体系で原理原則を講義していただけるなら、とても有益だと思います。
皆様はいかがですか?

(2015年2月追記)
JARDのFACEBOOKで簡単な概要が発表されました。
eラーニング形式で今年の7月から開始だそうです。
-----------------
無線機・受信機・BCLラジオ買取致します。
〒348-0065
埼玉県羽生市藤井下組171
高山無線
http://www.takayama-musen.com/
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)

JRC日本無線 JST-245D無線機を出張でお譲り頂きました。

245d

民生用トランシーバーの最終モデルですね。製造期間は1994.3~2002.1まで。
JST-145がHFバンドのみに対し、50MHzも搭載したのが245になります。

小職がJRC機種で一番好きな点は、直感的な操作が可能なツマミの配置でしょうか。
独立した操作で、このくらいまとまっていると、取説を読まなくてもわかりますね(^^;

JRCの買い取りご依頼はNRDシリーズの受信機が多いのですが、もちろん、JSTシリーズの
トランシーバー、さらには業務用受信機まで積極的に買い取りしております。

JRCは今でも人気が高いものですから、高価買取が可能です。
地域によっては無料でご自宅まで出張させていただいておりますので、ご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さい。お見積もりだけでも歓迎しておりますので、是非お待ちしております。

ケンウッドTS-790を出張にてお売り頂きました。

ts-790

ケンウッドのTS-790は144/430MHzをベースに、1200MHzも拡張出来ますので
今でも人気がありますね。
こちらは栃木県栃木市にて、他にHF機とあわせて、一括でお譲り頂きました。
有難うございました。
1200MHz入りですと、さらに高価買取が可能です。
小職は1200MHzの思い出といえばクラブのコンテストでの運用が主でした。
当時のリグは思い出せないのですが、マキ電機のアップバーターだったかもしれません。
このように昔の無線機でもお買取させて頂いております。
ご相談はフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さい。
お見積もりだけでも大丈夫ですので、お待ちしております。

 

ZENITH社の真空管・短波ラジオをお売り頂きました。

RIMG0171
z1

z2

ZENITH社の真空管式短波ラジオ WAVE MAGNET を所沢市のコレクターの方よりお譲り頂きました。
有難うございました。
ケースが特徴的ですね。このあたりは、さすがに舶来製といった感じでしょうか。
確認しますと、NHK第一と第二の国内AM放送は受信できましたが、SWは残念ながら受信不可能でした。
それでも、お買取は大丈夫ですのでご安心下さい。
むしろ完動品はお珍しいくらいですので、故障やジャンクは当たり前、それを治す楽しみもございますので、
不動でも遠慮なくご相談下さい。

ご売却相談は高山無線のWEBサイト、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。

TEN-TEC RX-340受信機を宅配買取させて頂きました。

rx340
兵庫県のお客様より着払宅配便でお売り頂きました。
どうも有難うございます。
最新モデルですので、DSP受信機になりますね。
定価はかなりお高い受信機・・・になります。
色も業務用として落ち着いた雰囲気ではないでしょうか。
受信機の売却をご検討中の皆様、お見積もりだけでも歓迎ですので、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。