月別アーカイブ: 2015年5月

NECのCQ-P6400無線機をお売り頂きました。

pq
岐阜県のお客様より、程度の良いNEC(新日本電気)のCQ-P6400を着払宅配にてお売り頂きました。
有難うございました。
ご好意で当時のパンフレットもお譲り頂きましたので、折角ですから、ご紹介致しましょう!

c1
表紙です。
50MHzのAMとFM、3W機です。もちろんポータブルタイプです。
6mでは、時代は違いますが、IC-505や、FT-T690なども、人気でしたね。
HFですとJRC(日本無線)のJST-10(過去のブログでご紹介しております)がありますが、こちらは、お値段はポータブルにお気軽に、という訳ではありませんでした(苦笑)。

c2

(クリックで拡大します。以下同じ)。
キャッチコピーは「この機動力が、アクティブなハムライフを想像する。」
まぁまぁシンプルですが^^;、今はこのような6mのポータブルタイプというのはありませんね。
(今はモービル機サイズで、HFから430が運用できる時代ですから・・・。FT-817が人気なのがわかります。)

c3
駆動は乾電池式。3W/1W切り替え。
VFOで6chが標準、最大12ch実装のキャパがあります。

c4
小職も6m機に自作の<ヘンテナ>をつけて、遊んでいましたっけ。

今はもちろん、NECはアマチュア無線機は製造しておりません。
ちなみに弊店にも当時のカタログた多数溜まって参りました。
折角なので、少しづつ、ご紹介していければ良いな、と思います。
--
古いアマチュア無線機の買い取りは高山無線へ是非ご依頼下さい。
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)または、高山無線サイトより、まずはお気軽にご相談下さい、お待ちしております。

ミズホ通信のQRP機DC-701をお売り頂きました。

m2

 

岐阜県のOM様よりミズホ通信のQRP無線機やピコシリーズなど、QRP関係をまとめてお譲り頂きました。有難うございました。
写真はDC-701。7、14、21MHzのCW3バンド、出力は2W、キットと完成品がありますが、こちらは完成品です。

ミズホさんといえば、BCLもそうですが、無線機といえばQRPですね。特にピコシリーズは小職も好きな一台でした。オレンジや緑などのカラフルな外装もあった記憶があります。
p
ちなみにピコシリーズですが、中に乾電池を入れたまま、長期保管されていらっしゃる方が結構多いかなーと思います。液漏れやサビでエライコッチャ!になりますので(^^;、皆さま、どうぞご注意下さいませ。(写真はピコ6)

ここでミズホ通信さんの現在の状況を。
社長さんはJA1AMH高田継男OM。CQ出版社から「9R‐59とTX‐88A物語」を上梓された様に、トリオで同機を設計されました。
1972年に立ち上げたミズホ通信でしたが、2013年末に残念ながら廃業。現在は秋葉原のマイクロ・パワー研究所さんが「ミズホ通信研究所」ブランドにて、アンテナやプリアンプなどのごく一部の製品のみ取り扱っています。
ちなみに同店サイトでは過去のミズホ通信製品の取扱説明書も閲覧可能です。これは嬉しいサービスですね。
---
高山無線では新旧の無線機や受信機を高価買取しております。
フリーダイヤル:0120-776-224またはサイトより、お気軽にご相談下さい。
お待ちしております。