無線機」カテゴリーアーカイブ

買取販売中)TS-480HX、IC-7200M、HT-750、FT-847

(2月3日追記)
HT-750を出品致しました。URLはこちらです。(2/9までとなります)
http://page19.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/x474862047



1月も半ばを過ぎましたが、今月も多数のご依頼を頂きまして有難うございます。
今回は先日、東京都内で出張買取させて頂きました無線機の一例などを・・・。
まず一番上は、東京ハイパワーのHT-750。
これはSSB/CWのハンディ機で、7/21/50MHz、HFは3W、50MHzは2Wの出力になります。
箱付きで、なかなかお珍しい逸品かと思います。大きさはミズホのピコシリーズを一回り大きくした感じでしょうか。残念ながら受信不安定のため、弊社で修理出来るか、技術者に確認をしております。
他は、ケンウッドTM-733GLモービル、TS-690S、アイコムIC-7200M、八重洲FT-847と年代もバンドもバラバラで買取させて頂きました。HF200WのケンウッドTS-480HXもございました。
ベランダ設置の為、コメットのアンテナチューナーとRF人工グラウンドもご利用。
ご依頼者様はこちらを一括で整理され、ハイエンド機を一台ご購入されるとのことです。少しはお役に立てましたでしょうか。
---
出品が整いましたのでご紹介。
いずれもYahooオークションへリンクしております。
(1)

八重洲のFT-847とアンテナチューナーFC-20セット(1月27日まで)

(2)

アイコム IC-7200M(HF/50MHz)50Wモデル(1月27日まで)

(3)

ケンウッド TS-480HX HF200Wモデルです。(50MHzは100W)(1月29日まで)
--------------
高山無線では新旧のアマチュア無線機を買取させて頂いております。
高山無線のサイトまたは、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)からお気軽にご相談下さい。お待ちしております。

謹賀新年&TS-590Gを宅配買取させて頂きました。

TS-590G
新年明けましておめでとうございます。旧年中も大変お世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。
弊社は昨日4日より営業しております。年末年始の宅配買取のお品物につきましては、昨日より順次到着しておりますので、恐れ入りますが、もう少々お待ち下さいませ。ご依頼数が多い為、鋭意、動作確認をさせて頂いております。皆さま有難うございます。
本年も、買取店として、ご依頼者様のご満足を第一に買取したいと思います。お蔭様でリピーター様も年々増えており、感謝の限りです。

さて、最近は受信機の紹介が続きましたので、今回はアマチュア無線機(トランシーバー)の方をご紹介致しましょう。ちなみにトップページのご紹介はアットランダムの為、登場が多い、少ない!の回数は買取価格に影響がありませんのでご安心下さい(^^;
こちらは、新潟県のOM様より宅配買取でお譲り頂きました。有難うございました。
2010年に発売されたTS-590の後継として2014年11月から発売。
(ケンウッドの徹底解説集はこちらへ)
http://www.kenwood.com/jp/products/amateur/pdf/ts-590_g_in-depth_manual_j.pdf

小型でありながらハイエンド機TS-990からの技術をフィードバックさせ、HFから50MMHzでカバーしたこのモデルは、現在でも中古人気の高い1台です。

アマチュア無線機は、往年の真空管式から最新のDSP機種まで買取させて頂いておりますので、お気軽にご相談下さい。高山無線のサイトまたは、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)からお申し込み下さい、お待ちしております。

NRD-515、FR-101、FL-2100Z/整備中古無線機販売

お待たせ致しました。
先のブログで告知致しました、受信機、リニアの整備が完了致しましたのでご案内させて頂きます。
(完売)

八重洲 FL-2100Z リニアアンプ

八重洲 FR-101 受信機


JRC日本無線 NRD-515
以上です!

静岡県へ無線機を出張買取致しました。


網代のコンビニで一休み中に撮影。当日は小雨模様でしたが、伊豆の海は景色が良いですね。埼玉のような内陸部に住んでおりますと、久しぶりに見る海の景色は、やはり癒やされます。

という訳で、静岡県の方から、無線機、受信機から周辺機器、アクセサリまで、分量で申しますとハイエース満タン分をお譲り頂きました。どうも有難うございました。
写真はそのごく一部をご紹介致します。
JRCのNRD-515。シンプルなスタイルと重厚な色合いが、今でも人気のモデルです。左のバンド切り替えダイヤルが、船舶用のNRDシリーズに似ておりますね。このデザインが好きな方も結構多いのではないでしょうか。オプションフィルター入です。
NRD-505の後継で、その際にコストダウンが図られたそうですが、それでも当時価格(1979-85年製造)で258,000円でした。この時代はBCLブームも終焉に向かっておりましたね。
AORはAR8600MK2の2ndエディションと、5000A+3モデル(オプションのコリンズフィルタ入で万全です)。
更に八重洲のFR-101。NRD-515やFR-101など、何れも年代物ですが、とてもコンディションの良い状態です。
無線機は八重洲のFT-847(7MHz拡張済)。
いずれの受信機、無線機も、弊社で再度整備をして、お出ししたいと思います。お楽しみに。
---
高山無線のサイトから、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)でも、買取のご相談を受付しております。大量でもOKですので、まずはお気軽にご相談下さいませ。

中古無線機販売・買取/ドレーク4Cラインが整いました。


写真がピンボケでごめんなさい!
DRAKEの4Cラインの整備が終わりましたので、取り急ぎ1枚。
・R-4C
・T-4XC
・MS-4
・7075(マイク)
こちらは世和興業取り扱い品となります(保証書1枚あり)。
日本語取説はコピー(TX、RXとも)、英文マニュアル(TXのみ)が付属します。
トランシーブ用ケーブル付属。
R-4Cには、500HzのCWフィルタとノイズブランカーがオプションとなります。
クリスタルはオプション無し。

ヤフーオークションは11月29日までの出品となります。是非どうぞ!
成約いたしました。有難うございました。

――――――――――
無線機・受信機・ラジオの買取は高山無線へ
フリーダイヤル(0120-776-224)または高山無線のWEBサイトへお気軽にご相談下さい。

100オームのダミーロード

mkone
酸化金属皮膜抵抗220オーム5W×8本。これで110オームです。
何に使うかと申しますと、これで強制的にSWR2.2(50オームが1.0ですから、110オームで2.2です)の状態を作り出し、アンテナカップラーやアンテナチューナーの動作確認(SWR2.2→1まで下がるか)を行います。
オーバーパワーに注意ですね、50W機などで、ついつい忘れてしまうと、アチチっとなります。(^^;
詳しい回路図などは・・・、とネットで検索しましたら、大進無線さんのサイトがわかりやすいと思います。

無線機買取販売/FT-2000D、NRD-92、AOR3000A


AOR AR-3000Aはいまでも根強い人気を保ちます。
ネックは、中古品はほぼ100%といってもよいほど、内部のリチウム電池が消耗して、交換する必要がある点でしょうか。ソケット等がありませんので、リード線をとったりなど、各自やりやすい方法で交換されていらっしゃる方が多いようです。
出品は http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u120059672 まで。
10月30日終了です。


日本無線のNRD-92 前ブログの買取品です。整備しました。こちらも10月30日までです。NRD-91、92は以前と比べて大分お値打ちになっている様です。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b233466421


受信機が続きましたが、無線機も勿論高価買取しております。
八重洲のFT-2000D+専用電源 200Wモデル。こちらも点検済みです。
http://page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o160601496

---
高山無線では無線機、受信機を高価買取しておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。
高山無線のサイト、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)でお受けしております。

(中古無線機販売)JR-60、TS-850

 

 

■TS-850 HF全バンド100W改造


音声が出ない不良がありましたが、もちろん買取はOKです。
弊社で劣化したコンデンサを交換、また、前面パネルを外し、リチウムイオン電池も交換しました。

コンデンサ交換

リチウムイオン電池は正面にあります。
その他、28MHz帯も100Wへ改造。パネル、スイッチ関係をクリーニングし、総合点検を行いました。
(完売)

■懐かしのトリオ JR-60 通信型受信機

time_ma_chine-img600x450-14756494600sens48021
取説は実体配線図(書込有)が付属。
・弊社で整備点検をしました。
-整備内容-
・カップリングコンデンサ、AVCコンデンサを交換 。
・トラッキング、IF、BFO、Q-MULTIPLIERを調整。
ダイヤルの糸のテンション調整
・各部グリスアップ、清掃
・オリジナルを活かすため、再塗装・メッキ等はしておりません。その為、底部の両端等にキズ等があり。
(完売)

-------------
高山無線では中古無線機、受信機を買取させて頂いております。
高山無線のWEBサイトまたはフリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)より、お気軽にご相談下さい。お見積だけでも歓迎です!

コリンズ送受信機の買取


75S-3B

32S-3

COLLINSの75S-3B受信機、32S-3送信機などを買取させて頂きました。
他にも512F-2電源、SM-3マイク、312B-4ステーションコントロールなどSライン一式ございます。
写真はまずは蓋を開けた様子。汚れ落としから始めまして、スラグなどを調整し、動作の方はOKです。
---------------------------------
高山無線では無線機・受信機を高価買取しております。
事前お見積りOKですので、型番や状態等をお控えの上、フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)またはWEBサイトよりお気軽にご相談下さい。

中古無線機販売/FT-1021/IC-R75受信機

■FT-1021
HFの200W機になります。
正面のM>VFO-Aボタンスイッチ(タクトスイッチ)の一片が欠けてしまっておりましたので、 スイッチが引っ込んだままの状態でした。

まずは該当部分の基板を外します。


白い部分が欠けた部分です。この欠けている部分に別のプラスチック片で接着させ、最後に整形しました。
そして、念のため、この修復したスイッチは、使用頻度が少ないと思われますMCKボタンスイッチの部分に充てて、 代わりに元々のMCKスイッチのタクトスイッチをM>VFO-Aボタンスイッチ部分へと入れ替えております。
送信は200WでOKです。受信もOKです。
(完売)


こちらはアイコムのIC-R75受信機です。
受信周波数は0.3ー60MHz。
2016年4月の店舗保証印あり(東京のお店です)。
(完売)
---
アマチュア無線の買取は高山無線へ
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)またはwebサイトでお待ちしております。

群馬県太田市でアマチュア無線機を出張買取致しました。


出張買取はお客様と色々なお話が聞けますから、小職も楽しみにしております。
この写真はハイエースから降ろす直前のホヤホヤ。精密機器ですから、やはり座席に載せるのが一番です。
下がナショナルのRF-4900。プロシードRF-4800の海外輸出モデルになります。
トランシーバーは上に同じくナショナルのRJXシリーズが2台。更にJRC日本無線のJST-135。そして1962年のCQ誌が4冊。奥は日立のオシロスコープです。
RIMG0249_R
ちなみに、これがいつも持ち歩いているバッグ。
お客様宅で送受信など動作確認や、アンテナ等も外す場合もありますので、DC電源、受信用ロッドアンテナ、ワットメータ、延長コード、電鍵、マイク、リード線、各種変換コネクタ、ドライバー、ニッパーなどなど、一通りの装備は持って行きます。
せっかく各地へ出張しているのですから、将来的にはハイエースにもモービルを積んで、帰りに移動運用でもしたいですね。
---
高山無線ではアマチュア無線機やBCLラジオを高価買取しております。まずはフリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)またはサイトの買取フォームよりお気軽にご相談下さいませ。

(販売終了)日本無線NRD-15K、ドレークR7A、IC-7100M、スイスクワッドアンテナ


(整備品)日本無線 JRC NRD-15K 受信機(完売)
NRD-15については、1970年から製造の15J、1981年まで製造の15Kと、前後期の2機種に分かれているようです(『日本の業務用受信機 16版』金道英雄著)。

r7a

整備品)DRAKE ドレーク R7A 受信機(完売)

7100m

メーカー保証残有/アイコム IC-7100M  移動に最適な50W機(完売)
sq

軍用受信機R-390Aなど30台以上をお売り頂きました。

RIMG0159s
RIMG0162s
(ご依頼者様の撮影許可を頂いて掲載しております)

個人のコレクター様より整理のご依頼を頂きまして、お受けさせて頂きました。
トリオのTX-88A、スターのSR-500、八重洲のFTDX400など、昔の機種が並びます。
1枚目の写真はR-390Aは20台程ございました。受信はNG、「通電のみ」と「不動」が半々位でしょうか。部品欠損も多々ございます。
まずは弊店で掃除など手直しをしながら、よく確認したいと思います。
お譲り頂きまして、有難うございました。
---
無線機・受信機の買取のご相談は高山無線までお気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル:0120-776-224(10-20時/年中無休)または高山無線のサイトより
お願い致します。

JST-245Dの修理風景

A様へ。
修理風景(まさに風景ですが)ご参考まで。
送信出力低下の要因につきましては、幸運にもファイナルではありませんでした。
ちなみに、ファイナルのMOSFET(日立の2SK408☓6個、同じく2SK409☓6個)が入手不能品のため(JST-145も)、もしこちらが飛びますと、今後は修理が非常に厳しくなります。ちなみにJRCのリニア2000Fは、このMOSFETが48個!使われておりますので、こちらも万が一の時は厳しいですね・・・。

P5170018_R

P5170019_R

P5190020_R

P5190021_R

P5200026_R

八重洲FTDX1200など持込買取頂きました。

RIMG0149_R本日、神奈川方面より、圏央道が東名道と繋がったということで・・・、わざわざお持ち込み頂きました。どうも有難うございました。お待ち頂く間、ご家族様で羽生の上りパーキングエリアの「鬼平江戸処」にも行かれたそうですが(下道から中に入れます)、お楽しみになられましたでしょうか。

リグは八重洲のFTDX1200を筆頭に、ケンウッドTS-440SやTM-841S(1200MHz入)、昔のFT-726、RadixのV型ダイポールアンテナなどなど、沢山のお品物です。
RIMG0153_R
こちらは往年のFT-901の一式。アンテナチューナー、トランスバーター、オシロスコープなど。クラニシのワットメータ(ダミーロード)は今でも人気ですね。無線機は残念ながら不動でしたが、もちろん買取も大丈夫です。
RIMG0146_R
JRC
の2000F(H)リニアアンプまで。AC200V仕様の為、100W→1KWまでパワーアアップします。重たいのに恐縮です。エキサイタとのマッチングに難ありの為、弊社技術部へドック予定です。
この度は有難うございました。
---------
高山無線では新旧の無線機や受信機を買取しております。出張/宅配/お持込にてご対応致します。詳細はフリーダイヤル:0120-776-224(10-20時)または高山無線のWEBサイトよりお気軽にご相談下さい。お待ちしております。

TS-940S Limitedの整備風景

ts-940s
1988年に500台の限定版として発売されたTS-940S(L)。宅配買取でお譲り頂きました。P4160001_R出力低下、メインダイヤルツマミの異音があり、ドッグ行きとなりました。
10MHzはもともと送信OKですので、それ以外のWARCバンド(18、24MHz)対応と、ついでに28MHz帯の50MHz→100W改造も実施です。
それより厄介でしたのは、無線機からタバコ臭です。まずはパネルを外して、アンモニア希釈液等で洗浄です。ツマミの切れ込みにもヤニがついておりましたので、全部外して1つ1つ歯ブラシで洗浄。これもガシガシと擦りますと白い部分が消えてしまいますので、丁寧に。
P4160004_R
<実施内容>
*上下ケース洗浄
*パネル、ツマミ分解洗浄
*メインダイアル分解洗浄(異音も解消しました)
*サブ表示、バックアップ電池交換(メインはOKです)
*PLL回路ロック確認
*受信感度調整、Sメータ校正、キャリアポイント調整
*WARCバンド(18MHz/24.5MHzも対応)、28MHz(50W→100W)改造
*TX出力調整、100W (1.8~29MHz)
*各メーター再調整(COMP/ALC/POW/SWR/IC/VC)
*オートチューナー動作確認
P4160005_R
動作の方は問題ありません。
外装のタバコ臭はほぼ消えたと思いますが、問題は、温まって冷却ファンが回った時です。その部分だけ、ただいま最後の確認中です。

FT-1000の調整風景

FT-1000はバックアップ用のリチウム電池の交換のみとなり、特に不具合はありません。
RIMG0024_R
外したリチウム電池。真ん中に端子のついているタイプ。この形に近い電池を千石電商より購入。加工して取り付けました。現物はこちらです。
https://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0RAM
P4100009_R
無事に収まりました。
P4100007_R

* バックアップ電池交換 (CR2032リチューム)
* 各バンド受信感度確認、Sメータ校正、AGC確認
* サブ受信部動作確認
* IMD 14MHz 200W OUT時 3rd/ 約35dB 確認
*基準周波数の調整。
* 送信確認、各バンド 出力210~220W (1.9~28MHz)

トリオTR-9300整備風景

R0023665a
送信出力は問題なかったのですが、受信周波数のズレがあり、弊社技術部へのドック行きとなりました。
P3250001_R
Sメーター調整
P3250004_R
PLLリニアリティ調整(周波数ズレ)
P3250005_R
キャリアポイント調整(各モード)
P3250003_R
受信感度を含め全体総合調整を行い作動OKとなりました。