カテゴリー別アーカイブ: 真空管・アンティークラジオ

真空管ラジオを大量に買取致しました。


東京都のコレクター様より、40台近くを一気にお譲り頂きました。どうも有難うございました。
写真は米国ゼニス(ZENTH)のトランスオーシャン(TRANS-OCEANIC) B600(奥)とH500(手前)。
取っ手や、収納可能なロッドアンテナのついた、ポータブル型のラジオです。
電池管は1R5、1T4×2個、1S5、3S4の5本。
他にも、オーストリアのHORNYPHONやMINERVA、英国のMARCONI PHONE、米国はPHILICOなど、お馴染みのメーカーから珍しいメーカーまで、多彩なラインナップとなりました。
(写真上は、PHILCOの Model20 砲弾型です)
この辺りは国内中古相場の読みも難しい為、買取業者としても、知識が試される処です。

電源は220V仕様を間違えないように注意。いきなりコンセントに差し込むのは怖いですから、スライダックを使って、徐々に電圧を上げていきます。
動作確認には、インターネットのradiko.Jpを使用して、実際の放送局を確認します。国内BCバンドといえ、聞こえるのは、やはり感動ものです。

高山無線では真空管ラジオ、アンティークラジオの買取もさせて頂いておりますので、フリーダイヤル(0120-776-224)または、高山無線のWEBサイトよりお気軽にご相談下さいませ。

ZENITH社の真空管・短波ラジオをお売り頂きました。

RIMG0171
z1

z2

ZENITH社の真空管式短波ラジオ WAVE MAGNET を所沢市のコレクターの方よりお譲り頂きました。
有難うございました。
ケースが特徴的ですね。このあたりは、さすがに舶来製といった感じでしょうか。
確認しますと、NHK第一と第二の国内AM放送は受信できましたが、SWは残念ながら受信不可能でした。
それでも、お買取は大丈夫ですのでご安心下さい。
むしろ完動品はお珍しいくらいですので、故障やジャンクは当たり前、それを治す楽しみもございますので、
不動でも遠慮なくご相談下さい。

ご売却相談は高山無線のWEBサイト、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。

東芝の古いAM/FMラジオをお売り頂きました。

tousiba 6fm-20
東京都国立市で無線機の買取の際、「昔のAM/FMラジオがあるのですが・・・」ということで、
1台お譲り頂きました。有難うございました。
東芝の6F-20ラジオになります。筆記体の東芝の文字が時代を感じさせますね。
今のラジオはほとんど黒やシルバーですが、白色になりますと、やはりお洒落ですね。
お部屋のインテリアとしても宜しい1台ではないでしょうか。
昔のラジオ、アンティークなラジオ等ございましたら、ぜひフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームよりお気軽にご連絡下さいませ。
お見積もりだけでも大歓迎です。お待ちしております。

His Master’s Voice真空管ラジオが買取り入荷致しました。

真空管ラジオ Gramophone社 His Master's Voice【棚

2 Gramophone社 His Master's Voice【棚
北海道のコレクター様より、Gramophone社の真空管ラジオをお譲り頂きました。
His Master’s Voice、ニッパー犬はビクターのトレードマークでもお馴染みでしょう。
古い真空管ラジオもお買取させていただいておりますので、ご整理をお考えでしたら、フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)またはサイトの買取ご依頼フォームより遠慮なくご相談下さいませ。

真空管ラジオを出張買取り(東京都)致しました。

sinnkuukana
東京都23区内のコレクター様より、真空管ラジオ(国産/舶来)含めて、40台程お譲り頂きました。
やはり皆様仰いますが、音が暖かいですね。
見た目も宜しいですし、一人静かに、夜中にゆっくりラジオを聞くには、最高だと思います。
今回はご高齢のお客様でしたが、運び出しから全て当店で行いましたので、とても喜んで頂きました。
BCLラジオ以外にも、このようなアンティークの真空管ラジオも買い取りしておりますので、
是非お気軽にご依頼下さいませ。
高山無線のサイトまたはフリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)にてお受けしております。
お見積やご相談だけでも大歓迎です。