アマチュア無線機型番の由来/八重洲FT-901SD(不動)の買い取り

FT-901SD

東京都のクラブ局様より、不動のためクラブでご不要になった懐かしのリグをお売り頂きました。有難うございます。
写真の八重洲 FT-901SDや、TS-520、FT-101など、当時のリグが多数です。クラブ局の長年の歴史ですね。

ところで、メーカーの型番のFT・・・とか、TS・・・などの記号の意味をご存知ですか?
弊店の資料で探しておりましたら、ありました。
RIMG01601
アクションバンドが1995年に出版した「列伝アマチュア無線機50年史」
の写真付の紹介、年表、春日無線(トリオ=ケンウッド)の春日二郎氏にインタビュー記事など内容は多岐にわたる1冊です。

その中のオマケ記事「-型番の由来-」によりますと、
例えば、トリオ/ケンウッドでは、
・TX・・・送信機 これはわかりやすいですね。
・9R・・・真空管の数です。9R-59は9本。
・TS・・・トリオ ステーションだそうです。固定機の型番ですね。
・TM・・・トリオ モービルです。となりますと・・・
・TH・・・トリオ ハンディです。なるほど。。。

続いて、八重洲無線です。
FT・・・Fはフューチャーやファイン等のFだそうです。Tはテクノロジー又はトランシーバー。
FT-101とかFT-736とかですね。
FRG・・・Rはラジオ、Gはゼネカバとのこと。なるほど。
Exif_JPEG_PICTURE
(クリックで拡大します)。

それではまた次回。
----------------------
無線機/受信機/BCLラジオ買取
高山無線
埼玉県羽生市藤井下組171
フリーダイヤル:0120-996-504(10-20時/年中無休)
http://www.takayama-musen.com/ex/amateur.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする